家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン

海外旅行記           

<20周年記念特別企画>
     北京4日間

見聞を広める   スケジュールへ   次のページへ
 日吉会の友人が、安いツアーがあるが一緒にいかないか、と連絡があった。朝日新聞の広告に、trapics (阪急交通社)の「<20周年記念特別企画>【「200名限定】北京4日間」のツアーで料金は2万円と、掲載されていた。スケジュールを見ると、すべて食事付きで万里の長城も観光する、とあった。ちょっと安すぎると思ったが、ホテルをグレードアップ(プラス5千円)して北京に行くことにした。
 ツアーを申し込んで出発するまで、約1ケ月あったがその間、新型インフルエンザが、中国でも感染者がでた、と報道された。その後、ついに我が国にも感染者が出た。そんな状況なので、ツアーは中止になるのかと思ったりしたが、trapics から何も連絡がなく出発の日がやってきた。
 とりあえず、成田に向かった。参加者は、51名いた。添乗員は付かないが、trapics の担当員が、いろいろ説明を始めた。「中国(中華人民共和国)において、新型インフルエンザの中国国内侵入に対する【水際対策】として、サーモグラフィーによう発熱の検査が行われており、中国到着時に、37度以上の発熱者に対して、検査入院の処置がとられているとの情報を入手した」と、説明があり、万が一、詳しい検査の対象になった場合は、弊社現地係員まで連絡してください。とのことであった。航空機は、19時40分に離陸して、北京に向かった。 時差は、北京が日本より1時間遅い。飛行時間は約3時間55分。現地時間で22時25分頃到着した。検査員が、一人ひとり額にサーモングラフィー装置を近づけてチェックが始まった。一人でやるので時間がかかる。我慢して待つしかない。我々の座席の前の方で1人が、後ろの方で1人が37度以上あった。その人たちは、体温計で再度チェックをする。担当員は、電話でやりとりして対処していた。結果はどうだったのかわからないが、新型インフルエンザではなさそうだった。でも、約2時間機内で待たされて、24時35分に機内から降りた。現地ガイドさんが心配そうに待っていた。ここで、ホッテルグレードアップ組とそうでない組と分かれてそれぞれホテルに向かった。ホテルに到着したのは1時30分頃だった。
(写真上:夕食)
(写真中:サーモングラフィーでチェックをされる)
(写真下:無事入国手続きに向かう)

  写真の拡大は、「クイックリイに写真を閲覧」をご利用ください。

スケジュール

                     ◎:入場観光 ○:下車観光 △:車窓観光
月 日 都市名 時刻 交通機関 スケジュール
1日目5/25 東京(成田)

北京着
       ホテル
19:40離

22:25着
1:30着
CA168


 バス
《空路、北京へ》
  (所要時間約3時間55分)
「発熱の検査」
ホテル 新世紀日航飯店
2日目5/26 北京 ホテル













       ホテル
7:30発













21:05着
バス












午前: 《北京市内観光》
頤和園  〈約1時間〉
△鳥の巣 △水位方
◎明の十三陵(定陵)〈約1時間〉 
昼食は、広東料理

午後:《郊外観光》
◎万里の長城(八達嶺)〈約1時間〉
◇茶芸館にて中国茶道の実演とショッピング〈約40分〉

夕食は麻婆豆腐などの四川料理

OP:『中国雑技鑑賞』
3日目5/27 北京












       ホテル
7:30発












21:05着
バス






午前: 《北京市内観光》
○天安門広場 〈約45分〉
◎故宮博物院(珍宝館)〈約2時間〉
昼食は、麺料理

午後:《北京市内観光》
○前門大街散策〈約40分〉
◇シルク店にてショッピング
        〈約40分〉
◎天壇公園〈約1時間〉
夕食は、名物・北京ダック

OP:『京劇鑑賞』
4日目5/28 北京 ホテル
       空港



成田     空港
 6:30発
7:10着

9:40離

13:42着
 バス


CA925
《ホテル出発6時30分予定》
空港へは、出発の約2時間前に到着する予定
《空路、帰国の途へ》
  (所要時間約3時間30分)
到着後、自由解散

マップ

今回、印が観光した所です。印の上をクリックすると、リンクしています。

beijng_map_1.jpg 頤和園(いわえん) 鳥の巣・水立方 新世紀日航飯店(ホテル) 天壇公園(てんだんこうえん) 門前大街 天安門広場 故宮博物院(珍宝館) 昼食は四川料理 中国雑技鑑賞

八達嶺長城や明の十三陵および北京国際空港の位置関係は、こちらをご覧ください。
印の上をクリックすると、リンクしています。

beijng_map_2.jpg 八達嶺長城 明十三陵 北京首都空港

感想

 まず驚いたことには、北京国際空港の広さです。「なんと第3ターミナルのコンコースの長さは、およそ3キロ。総面積は約100万平方メートルに及ぶ(第1ターミナルは約6万平方メートル、第2ターミナルは約33万6,000平方メートル)。ひとつの空港ターミナルとしては、世界最大の巨大さだ。成田空港は第1、第2あわせて約77万5,000平方メートル、」だそうです。詳しくは、こちらをご覧ください。
 また、北京は広い、日本の四国の広さ程あるそうです。そして、車は、右側通行で、車優先の社会。信号が「青」になっても横断には十分に注意が必要。それから車の多いこと、車間距離が非常に狭い。ちょっとでも間が空くと直ぐに割り込んでくる。私は免許証を持っているが、北京では運転できないと思った。
 今回のツアーの参加者は、51名だったが、北京空港で、ホテルグレドアップ組とそうでない組と分かれた。そして、我々のグループは14名となった。マイクロバスは、23人乗りの中型車で移動することができた。また、trapics のスケジュール通りではなく、現地ガイドの孔歐亞さんが、臨機応変(早起きもあったが・・・)に組み替えたので、あまり混雑しないで観光することができた。現地ガイドの孔歐亞さんとドライバーさんに感謝する。
 安い費用(オプショナツツアー別料金)だったので、あまり期待していなかったが、スケジュール通り、観光出来たこと。 なんと言っても、万里の長城の一部分に触れたことが良かったです。ツアーの様子をご覧ください。
(写真上:入国ロビー)
(写真中:立派な彫刻を飾っている)
(写真下:ロビーの外から眺める)


  写真の拡大は、「クイックリイに写真を閲覧」をご利用ください。





このページは、下記の資料を参考にして作った。
 「地球の歩き方 北京・天津」 発行所 株式会社ダイヤモンド・ビック社