FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS

見聞を広める 海外旅行記 〜上海・蘇州・無錫4日間〜

海外旅行記

11月12月限定!
上海・蘇州・無錫4日間

見聞を広める スケジュールへ 次のページへ 前のページへ

 3日目の午前中は、魯迅記念館を見学して、多倫路文化人街を散策する。その後、工芸品店でショッピングする。昼食は、点心料理を頂く。そして、上海博物館に向かう。

 朝食は7時ごろ食べて、ホテルを8時出発。上海観光をする。先ずは、魯迅記念館に向かった。

朝食は控えめに、8時ホテルを出発、ピンクシャツは、カメラマンのスーさん!
この建物は、上海虹口体育館サッカー場 魯迅公園は朝早くから
太極拳やダンスをやっていた!

マップ

 観光した場所をポイントしています。ご覧ください。



より大きな地図で 上海・蘇州・無錫 を表示

上海

 中国最大の国際都市、上海市。今では近未来的な風景に象徴される中国発展のトップシティとなっているが、その歴は約700年と意外に浅い。 第2次世界大戦前には、この地で欧米列強や日本の諜報員が暗躍し、占領地を巡る駆け引きが繰り広げられた。 当時はアジアで最も魅力的、かつ危険な魔都として名をはせており、日本を含む外国列強の租界地としても発展していた。 1949年の中華人民共和国建国以降は中国の経済復興を牽引し、1980年代以降は改革開放政策のなかで急速にその地位を高めていった場所でもある。 上海はそんな租界地の古さと、経済発展による新しさを内包している特異な都市ともいえる。(地球の歩き方 中国 から)

魯迅記念館見学

 上海魯迅記念館は、中華人民共和国が成立後、1951年に創立された初めての人物記念館である。周恩来から館名を書かれた。 記念館の所在地は、最初は山陰路大陸新村10号にあり、1956年には紅口公園(今の魯迅公園)に移し落成され。 1998年中国共産党上海委員会と市政府の大いに支持するもとに、上海魯迅記念館の改築プロジェクトが実施された。 新館は1999年9月に竣工され、同時に開館された。(説明版から)

 
記念館入口の壁の館名は
周恩来首相が書いたものです。
書籍陳列廊下
壁の彫刻が素晴らしい! 魯迅像

魯迅と仙台のゆかり

 魯迅は、1904年9月に仙台医学専門学校に留学、1906年3月までの約1年6か月間仙台に滞在しました。 藤野厳九郎先生に解剖学を学び、講義ノートの添削などの温かい指導 を受けながら、深い友情で結ばれた話は『藤野先生』でも有名です。やがて、魯迅は 文学の道を志すことを決意し仙台を後にします。 別れの際にもらった藤野先生の写真 を書斎に掲げ、仕事への意欲をかきたてながら、やがて数々の名作を残し、偉大な 「近代中国文学の父」となりました。(仙台市サイト から)

多倫路文化人街散策

 魯迅公園の南に位置する虹口周辺は、1920〜1930年代にかけ魯迅や茅盾など多くの文化人が暮らしたエリア。 当時の町並みを再現したのがこのプロムナードだ。この風情ある通りは、実際に当時使われた洋館も多い。 通り沿いには中国左翼作家連盟紀念館のほか、骨董品店やカフェなどレトロな建物が並ぶ。看板をはじめ、随所に日本租界だった頃の面影も残る。 ゆかりのある文化人の銅像も建つ。(旅スケ 地球のクチコミサイト から)

景云里入り口看板、魯迅が住んでいた
と書いてあるそうです!
通りには石造りの立派な門がある
 

 多倫路文化人街を散策して、工芸品店まで移動中にバスから眺める。

テレビタワーと森ビル テレビタワー
友誼会堂 中央大庁

工芸品店でショッピング

 見るだけで何も買わなかった。

どれもこれも立派です!

昼食は、点心料理

 昼食は、呉記小菜レストランで、点心料理を食べる。工芸品店からレストランに移動するときにバスから面白い形をしたビルとテレビ塔を見る。

面白い形をしたビル テレビ塔
 点心料理は美味かった!
呉記小菜レストラン コノビルの5階にあります!

 

 次は、上海博物館に向かう。



               次は、上海観光(上海博物館と豫園)へ

(2011.11.6-9)