FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS

                           
 海外旅行記 スペイ編       

グラナダ

5日目、午前:アルハンブラ宮殿観光。
     午後:グラナダ→バルセロナ。バルセロナ泊。


アルハンブラ宮殿

 13世紀前半に築かれたスペイン最後のイスラム王朝、ナスル王国の首都だったグラダナ。アルハンブラ宮殿は、ナスル王国支配時代(1232〜1492年)、21代の王によって造りあげられた。20以上の塔によって囲まれた宮殿は、イスラム最後の砦として堅牢な要塞の役割を果たした。アラビア語で「赤い城」を意味するアルハンブラという名前は、城壁に使われた石が多量の赤鉄を含んでいたため城壁が赤く見えたことに由来している。
 このアルハブラ宮殿を全て見学するのに2時間は必要である。カメラに撮りたい箇所は沢山あったが小生は、このころはまだデジカメを持ってなかったので、 写真の数が少ない。一部を紹介する。


王宮内の壁

 鍾乳石のある見事な円天井やアラビヤ語のコーランの一節や詩句が、アラベスク模様とともに壁面を丹念に覆っており、贅を尽くしたかつての宮殿を彷彿とさせる。

(城壁)


二姉妹の間

 蜂の巣のような哺乳石装飾の美しい円天井は見応えあり。床の敷石に2枚の同じ大理石が用いられたことから、この名で呼ばれるようになった。

アラヤネスの中庭

 天人花(アラヤネス)の生垣がある中庭。光り溢れるパティオの正面に宮内の塔の中で最大のコマレスの塔が見える。

ライオンの
中庭

 この中庭は、14世紀のもので、中央にある水時計の12頭のライオンにちなんで名付けられた。

 
          

アルハンブラ宮殿から、アルバイシンを一望する。


 午後は、グラナダからイベリア・スペイン航空で、バルセロナに向かう。


   このページのトップヘ               

   スケジュールのページへ