FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS

  海外旅行記 ニュージランド編  

オークランド

 人口約120万人。ニュージランドの経済を担う国内最大の都市。メインストリートであるクイーンストリートは、さまざまな人種で活気に満ちあふれており、まさに「移民の国」を実感させる。この街は「帆の街(City of Salls)」と呼ばれ、ヨットをはじめ海に密着した街である。ちょうど我々が到着した時期は、アメリカン カップの開催中で、街は、非常に混雑していた。なにやらニュージランドとスイスの対決中で、ニュージランドが4連敗しているとか。
 
 オークランドに16時30分到着し、即市内見学に。12人乗りのミニバスで、マウント・イーデン、ハーバー・ブリッジ等を周って、スカイ・シティ・ホテルに着いた。ホテルは、名前の通り、シティで ある。カジノ有り等、全てホテル内で用をすますことができる。

 8日目朝9時30分ごろ、オークランドを出発。16時25分ごろ成田に到着予定だったが、成田空港の天気が良くないため、飛行機は成田上空を旋回して様子を伺っていたが、10分後無事着陸した。8日間の旅行を無事終了した。


マウント・イーデン

 196mの丘陵で、頂上には噴火跡がる。市内全景が見渡せる。

噴火口跡 市内全景
            
ハーバー・ブリッジを眺める


 オークランドは、帰国のための一時滞在だったので、なんとも言えないが人の多い街より、静かで自然を相手にした南島の方が、ゆっくりできてよかった。

 今回の旅行は、添乗員はいなかった。ホテルのチェックイン、飛行機の搭乗券の手続き、ガイド等は、全て現地に住んでいる日本人だった。それも多くが若い女性だった。日本での同年輩と比べると、何だかイキイキとしているように見えた。

 中でも、マントクック村に住んで、ハイキングガイドを努める女性は、日本の競争社会よりも、ニュージランドで、自然を相手に好きな仕事して、生活するほうが、自分に合っていると話していた。
 
 いずれにせよ、こん遠くで多くの日本人が生活しているとは、思ってもいなかった。彼らにガンバレと言いたい。

 次回は、2004年6月を予定している。行先はまだ決まっていない。


   このページのトップへ                8
 
   ニュージランドMAPのページへ